不動産投資に必要な資金

物件の価格を計算しよう

物件は、200万円から300万円があれば購入できると言われています。
サラリーマンでもできる簡単な投資ですが、初期費用が高くなると覚えておきましょう。
たくさんの物件を探すと、100万円前後で購入できる物件が見つかるかもしれません。
ですが、壊れている部分が多い可能性があります。
そんなところでは、安心して暮らせません。
入居者を増やすためには、修理をしてから不動産投資を開始する必要があります。

購入費用と修理費用のことを考えると、200万円や300万円の、もっと良い物件を購入した方が良かったと後悔するかもしれません。
値段が安い物件を見つけても、お得だと思ってすぐに購入しないでください。
すぐ修理が必要にならないか、チェックしましょう。

維持費を別に考えておこう

不動産投資を進める時には、維持費が発生します。
物件の購入代金の他に、維持費をあらかじめ用意しておきましょう。
維持費とは、廊下の電灯が切れたり、水道管が壊れたりした時に使うお金のことを言います。
そのようなトラブルは、いつ起こるか分かりません。
急にトラブルが起こっても良いように、事前に維持費を用意する必要があります。

トラブルをスムーズに解決することで、入居者を安心させることができます。
電球が切れているのに、いつまで経っても交換してくれない物件は、管理が雑だと感じます。
そんな物件で、生活を送りたいとは思いません。
せっかく来てくれた入居者を減らす結果にならないよう、管理するための資金を用意してください。


この記事をシェアする
TOPへ