不動産投資ならサラリーマンでもできる

中古の物件を不動産投資に使おう

新築の物件は、当然綺麗な内装をしています。
それは良いことですが、価格が高い傾向が見られます。
新築の物件を購入して不動産投資を開始すると、家賃を高額に設定しないと元を取れません。
ですが周辺の賃貸に比べて家賃が高くなると、入居者を増やすのが大変になります。
そこでサラリーマンにおすすめの物件は、中古です。

中古なら安い価格で販売されているので、誰でも気軽に購入できます。
しかし中古は、汚い内装が多いと思っている人がいるでしょう。
そんなことはありません。
中古でも、綺麗な内装の物件は多いです。
どうしても内装が納得できないなら、リノベーションする方法もあります。
中古の物件を買って、安い賃料で提供すれば入居者を増やせます。

立地条件を重要に考えよう

内装が綺麗ということより、立地条件を優先に考えている人が多いです。
いくら綺麗な物件でも、駅から遠く離れているところは不便です。
入居者を増やすことはできないでしょう。
賢く不動産投資を成功させるなら、立地条件が良いところを選択してください。
駅に近いところは、移動が多い人から好まれます。
入居者を簡単に増やせるので、サラリーマンの多くは駅に近い物件を選択している傾向が見られます。

子供がいる家庭をターゲットにする人もいます。
それなら、駅より学校や公園が近い方が喜ばれるでしょう。
誰をターゲットにするかによって、ふさわしい立地条件が変わります。
ターゲットを絞って、不動産投資を進めましょう。
欲張ると、入居者を増やせません。


この記事をシェアする
TOPへ